家庭教育支援協会
トップページお問い合わせサイトマップ

活動内容

  • 私たちの理念
  • わたしたちについて
  • お知らせ
  • 活動報告
  • これまでのあゆみ
  • これからの活動
  • 会報
  • コラム
  • リンク

家庭教育支援者のスキルアップのためのミラクルアドバイス

今月から、「家庭教育支援者のスキルアップのためのミラクルアドバイス」が始まりました。
 

★第一回 1月22日(水)10:30〜12:00
◎講師 岩田一夫(日本セラピスト育成協会統括講師)
「母さんお肩をたたきましょう〜母は子のセラピスト、子は母のセラピスト〜」
◎内容 家庭教育におけるスキンシップの在り方を叶えます。

母子でするセラピーは、良好なコミュニケーションツールです。(講義+セラピー実技)
 

※こちらは、好評のうちに終了致しました。

 

 

★第二回 1月29日(水)10:30〜12:00
◎講 師  中島佳世(家庭教育アドバイザー)
◎テーマ 「子どもが喜ぶ親子のはピー会話術とは?」
◎内 容 良かれと思っていったその一言が、子どもの心を曇らせたり、
思いがけないひと言で、子どもが笑顔になったり。

子どもたちの「親から言われた嬉しい言葉」を集め、

親子のハッピー会話術を見つけませんか?(講義+ディスカッション)

 

 

★第三回 2月5日(水)10:30〜12:00
◎講 師 松本美佳(チャイルドケア講師・セラピスト)
◎テーマ「五感で育む家庭教育と心」
◎内 容 五感を意識した生活の有効性や

それがどのように子育てや家庭教育に影響していくのかを

セラピストとして又は、家庭教育アドバイザーの立場でお伝えします。

(講義+ディスカッション)

 

 

★第四回 2月12日(水)10:30〜12:00
◎講 師 二川早苗(
家庭教育アドバイザー、元世田谷区PT A連合協議会会長、

前社 会教育委員、筑波大学大学院博士課程在学中)
◎テーマ「家庭内ケアのジレンマ」
◎内 容 子育て、介護、植物をそだてることetc.は広義にはケアと呼ばれていますが、

ケアをし過ぎると自立が難しくなり、逆にケアしないと本来の生きる力を引きだせません。

皆さんとよりよいケアを考えましょう。(講義+ディスカッション)
 


 
★場所 

かながわ県民センター11階 かながわコミュニティカレッジ講義室
横浜市神奈川区鶴屋町2−24−2
横浜駅西口徒歩5分

 

 

これまでに学んできた家庭教育をライフワークにしてみませんか。

まずは、もう一度ご一緒に学びなおしましょう。

皆さまのお越しをお待ちしております。
 

 

 


★公開講座★ 是非、お越しください!10月〜11月

横浜にある八洲学園大学において、公開講座が開かれます。
ご興味のある方は、是非、お申し込みください。

いずれの講座も、対面、インターネットの両方で受講できます。
また、インターネット受講の場合は、リアルタイムだけではなく、
オンデマンドでも開講日から1か月間は見ることができます。


★10月30日(水) 10:30〜12:00
 講 師  家庭教育アドバイザー 八木由紀
                 ブログhttp://ameblo.jp/kateikyouiku/
 テーマ  子どもへの寄り添い方「子どものやる気を育てるコツ」
 申し込み https://www.yashima.ac.jp/univ/extension/course/2013/08/post_248_contact.html


★11月 9日(土) 13:00〜14:30
 講 師  家庭教育アドバイザー 青山利江
 テーマ  「ジェンダーと子育てと介護」
 申し込み https://www.yashima.ac.jp/univ/extension/course/2013/08/post_250_contact.html

★11月16日(土) 13:00〜14:30
 講 師  家庭教育アドバイザー 青山利江
 テーマ  「ジェンダーと子育てと介護◆
 申し込み https://www.yashima.ac.jp/univ/extension/course/2013/08/post_250_contact.html

★11月30日(土) 10:30〜12:00
 講 師  家庭教育アドバイザー 八木由紀
                 ブログhttp://ameblo.jp/kateikyouiku/
 テーマ  子どもへの寄り添い方「伸びる子どもに育てるコツ」
 申し込み https://www.yashima.ac.jp/univ/extension/course/2013/08/post_248_contact.html

★11月30日(土) 10:30〜12:00
 講 師  家庭教育アドバイザー 和田みゆき
                 ブログhttp://ameblo.jp/miyuki-lifestyle/
 テーマ  「自己肯定感の育て方」
 申し込み https://www.yashima.ac.jp/univ/extension/course/2013/08/post_249_contact.html

★12月 7日(土) 10:30〜12:00
 講 師  家庭教育アドバイザー 和田みゆき
                 ブログhttp://ameblo.jp/miyuki-lifestyle/
 テーマ  「信頼関係の構築」
 申し込み https://www.yashima.ac.jp/univ/extension/course/2013/08/post_249_contact.html

取材を受けました!ご報告します。

皆さま

毎日暑い日が続きますが、体調など崩されていませんか?

さて、本協会では、去る7月3日、二川理事長と城条理事が
「まちばた.net」様より取材を受けました。


「まちばた.net」とは、まちづくりや、
地域の活性化取り組む個人や、団体、組織、研究者をつなぎ、
地域を超えて自由につながる場を目指しているサイトです。


情報ノウハウの共有、参加者の拡大、新しい活動の発見、
合同企画実施といった、社会に新しい価値を生み出すための
まちづくりイノベーションHUBサイトです。

このようなサイトに紹介されたことで、
本協会を皆様に知っていただく機会が増えました。
今後とも応援、宜しくお願い申し上げます。

URLは以下のとおりです。ご覧ください。

http://machibata.net/article/report/2013/07/09/kateikyouiku/


「親の学び・親育ち支援ネットワーク」への参加報告

 

去る6月1日、二川理事長、和田副理事長にお供させていただき、『親の学び・親育ち支援ネットワーク』の第3回会合に参加させていただきました。

今年度から企画委員長という立場で当協会に関わらせていただくこともあり、どのような会であるのかを見学したいと思い、参加の了承を得た次第です。

 

会は定刻を少し過ぎたころに始められ、大江氏による開会のご挨拶に続いて、和田副理事長の発表が行われました。

家庭教育支援協会の活動や和田副理事長個人の取り組みについてパワーポイントに解りやすくまとめられた資料を基に、約30分間の発表に続き質疑応答が行われました。


 休憩をはさんで、厚生労働省 雇用均等・児童家庭局、少子化対策企画室(併)内閣府 子ども・子育て支援新制度施行準備室 福井 香月 氏 より

「子ども・子育て支援新制度について」というタイトルで約30分間の講演がありました。

質疑応答では、福井氏に吼える二川理事長の姿も・・・(失礼!)

その後、大江氏から是非、このネットワークを拡散、拡充させるために大きさの大小にかかわらず一つでも多くの団体の参加を訴える熱いお話しがありました。

 そして、会も終盤という頃、ほかの会合に出席されていた明星大学教育学部教授 一般財団法人親学推進協会会長 男女共同参画会議議員(政府)高橋 史朗 先生がお見えになり、親が親として育っていくのを、どう支援するか、

・視点は「家族」であること

・新しい「家庭」のビジョンが必要

・キーワードは「自助」 「共助(地域)」 「自立」

・「公助」は日本型の福祉であること

・結婚観や子育て観など親になるための学びが必要

・それには 「法」「条例」などのトップダウンと「民間・地域」のボトムアップが必要

・熊本などでは「親になるための学び」が条例になった

・「青少年健全育成基本法」が施行されるが、これは親の立場からではなく子どもの立場から考えられる などなど、短い時間に濃い情報をお話しされました。

 

最後にNPO TOSS(学校の先生方の団体というように大江氏がおっしゃっていました)の代表の方が山梨の「郷育フォーラム2013」などの紹介を手短にされて散会となりましたが、その後名刺交換などが活発に行われました。

 

理事会で初めてこのネットワークの会合に参加するかどうかを話し合ったのは一年ほど前だったと記憶しています。当時は私など参加させていただく資格はないと考えておりましたが、今回参加させていただき、もっと多くの理事、一般会員の方々にも参加していただきたいと感じました。

 

家庭教育、子どもの教育、親の教育など、家庭や家族を取り巻くあらゆる問題に

それぞれの立場や視点から取り組まれている団体や個人の方々の熱い情熱、

抱える問題点、行政の状況などなど、現時点での生の情報が満載でした。

 

今回は、日本家庭教育学会の理事会が同時刻に開催されたこともあり、参加団体は予定より少なくなっていたようです。それでも、それぞれの立場からお話し下さるご意見や情報は、今まさに家庭教育が必要とされている、そして、そのニーズは今後おおきく拡がる、ということを示唆していました。

 

『親の学び・親育ち支援ネットワーク』と検索していただくと、HPがあります。これまでの経緯や参加団体のことも判ります。私たちの支援協会が参加させていただいているネットワークでありますし、ほかの団体様の情報にもつながることができますので、是非一度ご覧になっていただきたいと思います。

家庭教育について研究・支援をしている団体の多さに、またその規模の大きさに圧倒されるかもしれません。

 

以上、第3回定例会に参加させていただいた感想と会の内容をメモと記憶をたどりまとめ、拙いながら報告とさせていただきます。

家庭教育アドバイザー 

家庭教育支援協会 理事 

木村孝子


リーフレットのご紹介


 今年度、家庭教育支援協会のリーフレットを作成いたしました。
皆さまの活動にお役立て頂けると幸いでございます。
ご入り用の方は、事務局までご一報ください。詳細をご案内いたします。



家庭教育支援協会 事務局
HP address :
http://kateikyouiku.com/
mail address : jimu@kateikyouiku.com